• 投稿

    クリムト

    時に神々は多神となったり、複数の神の信仰をよしとしない一神となったり、世の中に広まる信仰、宗教の違いによって各時代の作家たちに求められる作品のモチーフは変化を遂げていることが読み取れるでしょう。 19世紀の後半に活躍した…

    クリムト はコメントを受け付けていません
  • 投稿

    地下に残された壁画たち

    地下に残された壁画たちは、現代においても当時の人々の信仰の姿を伝える作品として大切に保管されているようです。残された当時の壁画たちは地下の美術館などと呼ばれるほど、それぞれの作品のもつ神聖なる存在感をはなっているようです…

    地下に残された壁画たち はコメントを受け付けていません
  • 投稿

    ミケランジェロの天井画

    ルネサンス期に登場する3大巨匠と呼ばれる芸術家の一人として知られているミケランジェロは、ヴァチカンにあるシスティーナ礼拝堂に描かれているフレス壁画「アダムの誕生」の作者としても知られております。 フレスコ壁画は、壁などに…

    ミケランジェロの天井画 はコメントを受け付けていません
  • 投稿

    昔の絵画制作

    「フラスコ画」は壁画を作成する際の絵の具として知られていますが、天井や壁に描く作品以外に当時使用されていたのが「テンペラ画」であります。テンペラ画は、フラスコ画で使用する天然石を砕いた粉である顔料にニカワなどとも呼ばれる…

    昔の絵画制作 はコメントを受け付けていません
  • 投稿

    19世紀の額縁と、中古の額縁

    アーティストの中には、エヴァの肖像にあるように、すでに額縁に入れたキャンバスの中に絵を描く人がいたということも分かります。とは言えこの肖像画は、見たままを写して描く実写主義というよりも、アレゴリー(寓意)に近いものと考え…

    19世紀の額縁と、中古の額縁 はコメントを受け付けていません
  • 投稿

    風景画の台頭

    「風景画」が絵画作品のジャンルとして確立しはじめたのは、17世紀頃であるなどと言われているようです。 それまで絵画作品製作の依頼が画家たちにもたらされるのは、極一部の特権階級であるパトロンたちからであったために、権力や財…

    風景画の台頭 はコメントを受け付けていません
  • 投稿

    キリスト教美術とは

    西洋の歴史において「中世」とは、キリスト教文化の時代であるとされているようです。1世紀頃のイタリア半島にキリスト教が伝承されると、ローマ帝国内にもキリスト教の信者が増加していったようです。 当初はキリスト教を弾圧していた…

    キリスト教美術とは はコメントを受け付けていません
  • 投稿

    額縁の移り変わり

    芸術品とも言えるような額縁は、ひと頃の栄華は消え衰退の一途と言われて久しいですが、これは単に廃れたと一言では言い表せない奥深いものが潜んでいます。 美術品と呼ばれる絵画でさえ、いまや優れた作品は日常とは乖離した存在で美術…

    額縁の移り変わり はコメントを受け付けていません
  • 投稿

    中世から近世の美術様式

    ヨーロッパの美術史のなかで中世とされる5世紀頃から絵画などの題材に用いられる主題の多くは、キリスト教関連の事柄であることがほとんどでありました。聖書のなかの物語があたかも目の前で繰り広げられているような神聖なる世界を見る…

    中世から近世の美術様式 はコメントを受け付けていません
  • 投稿

    ゴシック的な美術

    「ゴシック」とはフォントの様式を言い表すときなどにも用いられるワードでありますが、ヨーロッパ史においての「ゴシック」とは、中世に建設された聖堂などの建築様式などをあらわしているようなのです。この期の美術や建築をあらわして…

    ゴシック的な美術 はコメントを受け付けていません